使い捨てラップをミツロウラップに変えてみました。

Hola!

 

使い捨てラップは、キッチンで出る代表的なプラスチックゴミですよね。

そして、非常に便利です。笑

便利であればあるほど代替のハードルは高いかもしれませんが、

私はこのミツロウラップと別記事のシリコンラップで代用し、ほぼゼロにする事ができました!

 

今回はまず、使い捨てラップをミツロウラップで代用した感想について書きたいと思います。

 

 

今までは何でも使い捨てラップをかけて冷蔵庫へ。…これは変えられる?

 

夕食の余りもの、半分に切った野菜、冷凍するご飯、作り置き、まとめ買いした肉類などなど…

私はこれまで、とにかく何でもラップをかけて食品を保存していました。

今便利だと感じているものにはプラスチックがつきものですね。

 

しかし、使い捨てラップにはミツロウラップというオススメの代替選択肢があります!

こちらです!↓

 

可愛い柄です♪

注文時にはプラスチックフリーの包装で届きました。とっても嬉しいです!

 

 

ミツロウとは何なのか…?

ミツロウとは、ミツバチが巣を巣を作るときに出す分泌物で、実は身の回りの様々な製品に使われています。

保湿効果や抗菌性があるため、化粧品には頻用されていますし、食用にもなります。

薬剤師の方は、軟膏の基剤としての「サラシミツロウ」に馴染みがあると思います。医療用でも使われています。

 

ミツロウラップの最大のポイントは、生分解され土に還元可能なこと。

塩化ビニルや他様々な化学成分を含む使い捨てラップとの大きな違いです。

きちんと手洗いしていれば、1〜2年は持つとのことです。

 

ハチミツのように、暖かいところでは柔らかく、寒いところ(冷蔵庫の中など)では比較的硬くなります。

個人的使用感としてベタつきはありません。

この性質を利用して、残り物にミツロウラップをかけた後、冷蔵庫で形をキープする事ができます。

 

 

 

こんな感じです!

手で包むようにラップすると、手の温もりでぴったりくっつきます。

 

 

じゃあ使い捨てラップと同じように使えばいいのか?→×です!

ミツロウラップを使う上での注意点として、2点あります。

 

熱に弱い

②アルコール・酸に溶ける事がある

 

 

熱に弱いところは、天然な物質ならではの性質でもありますが、電子レンジを多用する現代の生活では弱点になります。

そのため電子レンジに入れるときはミツロウラップを外す必要があり、残り物は完全に冷めてからラップします。

 

ラップするものは再加熱する事が多いですが、ラップなしでレンジに入れると液体が庫内に跳ねたりするデメリットもあります。

私は再加熱するものにはシリコンラップを使い分けています!詳しくはまた書きます!

 

また、煮沸・熱湯消毒が出来ないため、生肉や生魚の保存は避けたほうが良いでしょう。

 

 

そして、もう1つはアルコールや酸で溶ける事があるので注意が必要です。

洗うときには水洗いが無難かと思います。製品によっては食器用洗剤OKというものもありますが、

基本的には水洗いで汚れは全く気になっていません。

 

我が家では洗い終えたミツロウラップを、キッチンの一角で洗濯バサミで干しています。

ミツロウラップは柄が可愛いものが多く、むしろインテリアのようになります。

 

 

 

シリコンラップとの併用で、使い捨てラップはほぼ使わなくなる。

上記の注意点を見ると、使えるものと使えないものがあるように感じられるかと思いますが、

実は私は上に書いた通り、加熱するものにシリコンラップを使い分ける事で使い捨てラップをほぼゼロに出来ています。

 

シリコンラップについてもまた記事にしたいと思いますので、

使い捨てラップ大量消費との決別を試みる方はぜひそちらもご覧ください!

 

 

ミツロウラップでゼロ・プラスチックへの一歩を。

自分の出したプラスチックゴミのなかに、一晩食べ物を包んだだけの使い捨てラップが転がっていませんか?

これは、代替手段も出てきており今すぐ改善できる事の1つだと思います。

また文面では伝わりにくい事ですが、使ってみるととても愛着がわきますよ。笑

 

そして、自分で作ることも可能です!

ミツロウだけを買ってお気に入りの布地で作れば、かなり安く済み、より愛着がわきそうです。

私も今度作りたいと思っているので、作ったらまた記事にします。

 

 

Amazonなどでも3枚セットで2000円ちょっとで買えます。

1〜2年使えると仮定すれば、地球の為の投資としては十分価値があるのではないでしょうか。

ゼロ・ウェイストに向け、出来ることから始めていきましょう。

 

 

 

*Yurika*